法人設立・運営・企業会計

当事務所では、会社設立のご相談とお手続きのお手伝いをさせていただいております。

「会社設立の方法がよくわからない」
「忙しくて手続きをする時間がとれない」
「手続きは専門家に任せて、本業に専念したい」

このようなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。

専門家に任せることによって、お客様の負担を軽減し、時間的メリット、 コスト的メリットを出すことができます。

また会社設立にあたっての悩みや不安もお聞きしながら各々の実情にあった提案、 アドバイスも行っています。

会社設立までの流れ

1、会社の概要(基本事項)を決める。

2、法務局で商号を調査する。

3、会社の印鑑等作成をする。

4、定款を作る 。
( 個人実印の印鑑登録をする )
( 住民票を置いている市区町村役場に行き、個人の印鑑証明を取得する )

5、公証人役場で定款の認証を受ける。

6、・ 銀行で出資金を払い込む。
・ 登記書類等を作成をする。

7、法務局にて登記申請をする。
(会社の印鑑証明を同時に)

8、法務局にて補正の確認をする。

9、法務局にて登記完了。

10、法務局にて登記事項証明書・印鑑証明交付申請。

11、税務署等へ届け出提出。
・ 都道府県 税務署
・ 社会保険事務所
・ 労働基準監督署(ハローワーク)

定款(原始定款)について手順

1、発起人全員の個人の印鑑証明書を用意する。(発起人が法人の場合は、法人の登記事項証明書と印鑑証明書が必要)

2、定款の認証を受ける。(公証人役場)

3、定款(謄本)を登記申請書に添付する。

4、現行の定款を会社の本店・支店で保管する。

ページ上部へ